結婚をあきらめていた女性がわずか18日で理想の男性からプロポーズされた方法

Top >  お見合い成功の心得 >  お見合いの服装

お見合いの服装

結婚相手を探す!見つける!お見合い成功の心得


*お見合いの服装選びは、結婚相手として見てもらう大切な作業


お見合いは結婚相手を探していることを前提に出会う場です。

見た目も非常に重要な要素になりますから、お見合いの服装は、 お見合いを成功させる為の大切なポイントです。

昔のお見合い、つまり紹介者、双方の親も同席する等のスタイルに 比べれば、現代のお見合いはカジュアルになったとはいえ、結婚相手を 探すという真剣な思いには変わりはありません。

従ってお見合いの服装も自分の好みではなく、オーソドックスで誰にでも 好かれる服装で臨むに越したことはありません。

特に第一印象を決めると言えるお見合い当日の身だしなみ・服装には 細心の注意を払う必要があります。

結婚を真剣に考えてお見合いをする成人であれば常識とも思われる 身だしなみですが、自分の常識が世間の常識からずれているかもしれない と心得て服装をチェックして臨むくらいの神経が必要です。

お見合いの服装で常識がないと思われれば、それは結婚相手として いかがなものかという印象にもつながります。

たかがお見合いの服装ではなく、自分を結婚相手として見てもらう大切な作業の 一つと思ってください。


男性はスーツが常識、スーツ以外は常識外れと思われても仕方がないでしょう。

スラックスに折り目がついていない、上着のシワなどもっての他。

お見合い当日に自分で準備できないならクリーニングに出しておく気配りを。


ワイシャツは白や薄い色、ネクタイも落ち着いた印象のものを。

当然ですが靴はきれいに磨き、臭いもチェック。

お見合い相手と二人で食事をする場合もありますが、座敷に上がる可能性も 考えて、靴下は新品かそれに近いものを。

お見合いでは汗をかくことも多いで、ハンカチはアイロンをかけたものを2枚は 用意しておきましょう。


女性のお見合いの服装は落ち着いた印象より、少々華やかな感じの服装の方が明るく 美しく見えます。

顔がやわらかく、優しそうに見える、顔映りのよい色の服装がお見合いには 向いているでしょう。

ただし、上品な印象を心がけ、過度な肌の露出、華美なアクセサリー、 きつい香水等は避けましょう。

いくらスタイルに自信があるからといってミニスカートをはいたり、胸元や体の ラインを強調する服を着たり、ここぞとばかりにブランドのバッグ、アクセサリーで 身を固めるのはお見合いではやめましょう。


お見合い当日の服装一つで、会話をする前に第一印象が決まってしまいます。

親や兄弟、友人等いつもの自分をよく知る人に相談して「自分がどう見えるか」を 確認して、お見合いにふさわしく、自分らしい服装を選んでください。

お見合い成功の心得

結婚相手を探す目的のお見合いでは心得ておくべき注意点が
あります。大切な結婚相手との出会いの場、お見合いを成功させる為に
服装や会話、是非これだけは知っておきたいマナー等を解説。
お見合いの事前準備をしっかりして、素敵な結婚相手を探しましょう!

関連エントリー

見合い相手の情報を事前確認 お見合い場所には早めに到着 お見合いでタブーな会話 お見合いの服装 お見合相手との会話を弾ませる 服装以外の身だしなみも注意